ロジジャパン株式会社は旅客運送業・貨物運送業・物流会社の経営をサポートします


最終更新日 2024年5月20日


ロジジャパンにお任せ下さい
 

行政書士 楠本浩一事務所からコンサルティング部門が独立しました

ロジジャパンとの連携
貨物運送業(トラック)、旅客運送業(貸切バス、ハイヤー)、倉庫業、通関業で多くの許認可実績のある行政書士 楠本浩一事務所からコンサルティング部門が独立し、ロジジャパン株式会社が誕生しました。今後は、行政書士 楠本浩一事務所と相乗効果を高めながらコンサルティング・顧問業務を行っていきます。

・行政書士 楠本浩一事務所

弊社代表の経歴

物流・運送業界で25年、うち15年は物流法務に従事し、国土交通省・運輸局との対応を行ってきたプロフェッショナルです。
代表の経歴

保有資格

メディアへの掲載

(2024年3月)大阪府中小企業団体中央会が加入している企業へ配布する冊子として【経営への影響大か!?】荷主企業が対策すべき物流業界2024年問題をテーマとして1万文字の論文を寄稿させていただきました。
 

・【経営への影響大か!?】荷主企業が対策すべき物流業界2024年問題

 

日本実業出版社【企業実務】2022年4月号
物流業界の「2024年問題」に向けて早めに取り組みたい施策とは
日本実業出版社①
SMBCコンサルティング 【NETPRESS】 2022年8月1日号
物流業界の「2024年問題」で早めに取り組むべきこと
SMBCコンサルティング①

外国語での対応が可能です

金融庁の審査にパスして外国語対応可能な士業のリストに登録されています。当社では、英語での相談も受け付けています。

・(金融庁)外国語対応可能な士業のリスト

コンサルティングの概要

ロジジャパン株式会社では、以下の課題について月額顧問制で対応させていただいております。

①経営課題
運送事業者においての経営課題である運賃値上げ、荷主との価格交渉、従業員教育等についてアドバイスをいたします。
②業務運営課題
2024年問題と呼ばれる長時間労働対策や休憩・休息時間、荷待ち対策など業務運営上の諸課題について対応いたします。
③コンプライアンス課題
日頃の業務運営に関してコンプライアンス上問題なく運営されているかの確認と適性化への対応を行います。最重点項目である点呼、運転日報、運行指示書については、完全にできるように指導いたします。
④運輸局監査・適正機関の巡回指導対策
運輸局監査や適性機関(貸切バス適正化センター、トラック協会)からの巡回指導の事前書類チェック及び監査対策、当日の立ち合いを行います。
⑤トラックGメン・公正取引委員会対策
荷主企業・着荷主企業、元請運送事業者からの物流委託に関してトラックGメンや公正取引委員会から勧告や立ち入り検査を受けた場合や立ち入り検査を未然に防ぐための対策をいたします。

コンサルティング対象業種

コンサルティング対象業種

・貨物運送業(トラック)
・旅客運送業(貸切バス)
・旅客運送業(タクシー、ハイヤー)
・旅客運送業(介護タクシー)
・通関業
・倉庫業
・国際物流業(フォワーダー(航空・海運)、第2種利用運送業)
・運送を委託する荷主企業・着荷主などのトラックGメン対策

 

会社概要

<適格請求書発行事業者 登録番号:T2120001262658>
会社名    ロジジャパン株式会社
代表取締役  楠本 浩一
資本金    300万円
郵便番号 〒536-0014
住  所 大阪府大阪市城東区鴫野西5丁目18番40-1406号
T E L : 06-7172-1806
F A X : 06-7638-1956
営業時間 9時00分~18時00分
(土日、祝日及び年末年始を除く)
提携先 行政書士 楠本浩一事務所
 

 

アクセス

JR学研都市線 鴫野駅・地下鉄今里筋線 鴫野駅から徒歩7分

お問い合わせ


お電話でのお問い合わせ


T E L 06-7172-1806
受付時間 9時00分から18時00分まで
(土、日、祝日及び年末年始を除く)
 

LINEでのお問い合わせ


画像をクリックしてください。

 

メールでのお問い合わせ

下記フォームに必要事項をご入力の上、「送信」ボタンをクリックしてください。

    確認画面は表示されませんので、入力内容をご確認のうえ下記のボックスにチェックを入れてください。
    入力内容に誤りがないことを確認しました。

     
     

    ページのトップに戻る
    ・プライバシーポリシー

     お問い合わせ
    contents

    ロジジャパン株式会社

    ロジジャパン株式会社

    1965年8月兵庫県神戸市生まれ。同志社大学卒業。パナソニック㈱及び日本通運との合弁会社であるパナソニック物流㈱(パナソニック52%、日本通運48%の合弁会社、現パナソニックオペレーショナルエクセレンス㈱)で20年以上物流法務を担当し、現場経験を踏んできた実績があります。